広告

二分脊椎症(にぶんせきついしょう)先天的病で足の自由が利かない米国の車椅子パフォーマーAaron Fortheringham(アーロン・フォザリンガム)さん(16)奇跡体験!アンビリバボー2015年1月29日


奇跡体験!アンビリバボー
http://www.fujitv.co.jp/unb/index.html
2015年1月29日(木) 19時57分〜20時54分
アメリカで大人気のパフォーマンス集団が繰り広げる華麗な技の映像も紹介。
 今回番組は、そんなパフォーマンス集団に所属する異色の選手に注目!その選手は先天的な病・二分脊椎症(にぶんせきついしょう)で足の自由が利かないため、車椅子の生活を余儀なくされているのだ。
しかし、彼は世界初の車椅子パフォーマーとして大活躍している。彼はいかに壁を乗り越えプロ選手になったのか・・・。不屈の人生に秘められたアンビリバボーなストーリーとは? その他、なかなかお目にかかれない、スッゴイ映像の数々に乞うご期待!

ドイツ西部のWehnrathで11日、障害者が休暇を楽しむための情報を提供するプログラム「Rolliday」のイベントが開催され、米国のAaron Fortheringham(アーロン・フォザリンガム)さん(16)が車いすに乗って後方宙返りなどのアクロバティックなパフォーマンスを披露した。Aaron さんは米国のスポーツ誌「ESPN Magazine」に「アクションスポーツの偶像」として取り上げられたこともある。

【i-REALアイリアル】
2007年東京モーターショーのトヨタのコンセプトモデル。
走るスピードで形が変わるとは、最近の映画transformerのようだ。
一見した時は、新型車いすかと思った。タイヤのあたりの雰囲気は、Segwayにも少し似ているような気もする。
以下、メーカー説明
近い将来の実用化に向け、より「人」に近づいたパーソナルモビリティー。フロント2輪、リア1輪の3輪構成。歩行者エリアではホイールベースを短く、車両エリアでは長めにすることで高い走行性能を実現。周辺監視センサーにより、人々が行き交う街中でも安全な走行を可能にする。


 
広告
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック