広告

▼超明るい柳沢慎吾の心が折れた!?信じられない事件とは【行列のできる法律相談所】2015年5月24日(日)

サッカーブラジル代表のルイス・フェリペ・スコラーリ(Luiz Felipe Scolari)監督が、1-7で大敗したW杯ブラジル大会(2014 World Cup)準決勝のドイツ戦についてコメントし、責任は自らにあると話した。

スター選手ぞろいのブラジルがドイツに完敗し、これまでのキャリアで華々しい栄光を勝ち取ってきたスコラーリ監督は今、一転してどん底を味わうとともに、議論の的となっている。
65歳のスコラーリ監督は、「私の人生で最悪の一日だと思う」と話し、W杯史上でも最大級の衝撃的な結果について「大惨事だ」と認めた。
「指導者として、1-7で負けた試合のことはこの先も忘れないだろうが、この仕事を引き受けた時点でリスクは承知していたし、人生は続く。だから私はこれからも歩み続ける」
スコラーリ監督は、ブラジル大会後の自身の去就については明言しなかった。

ブラジルは前半だけでトーマス・ミュラー(Thomas Muller)、ミロスラフ・クローゼ(Miroslav Klose)、トニ・クロース(Toni Kroos)、サミ・ケディラ(Sami Khedira)にゴールを許すと、後半もアンドレ・シュールレ(Andre Schuerrle)に2点を追加され、自らは最後にオスカル(Oscar dos Santos Emboaba Junior)が空しい1点を返すにとどまった。
母国では最悪となる敗戦を喫したことを受けて、スコラーリ監督の首を差し出せという声が出る可能性は高い。
指揮官は、「ブラジル国民とファンにはこう伝えたい。われわれはできることをして、自分たちが最善と思うことをやった」と話した。
「われわれは最高の技術を持った偉大なチームに敗れた。ドイツは並外れたプレーを見せ、6分間で4点を入れて試合を変えた」
「どうか、敗れた私たちを許してほしい。決勝へ進出できなくて申し訳ない」
「責任が一人にあるとすればそれは誰か?私だ。この悲惨な結果を、チーム全体で分かち合うことはできる。選手たちもそう言っているし、それを望んでいる。しかし、私が戦術や先発を決めたのだから、この結果に責任を負うべき人間は私だ」
行列のできる法律相談所 人生最悪の日を告白SP綾野剛VSハイテンション柳沢慎吾
http://www.ntv.co.jp/horitsu/
2015年5月24日(日) 21時00分〜21時54分
▼超明るい柳沢慎吾の心が折れた!?信じられない事件とは
【柳沢慎吾セレクション「あばよ!!~別れのベスト・アルバム~」】
俳優であり、ハイテンションエンターテイナーの柳沢慎吾が「全てのハートブレイカー」のために選んだ(自らも歌った)、泣かせる名曲とセリフの合計99トラックを収録したオムニバス(?)CD。ポニーキャニオンのサイトで収録内容を垣間見ることができます。
かもめをバックに親指立ってるジャケ写、カッコ良すぎます。慎吾ちゃんのインタビューと、収録曲解説を掲載しているというブックレットが読みたい!発売は10月3日。レコ発イベント、どこでやるのかな〜何やるのかな〜気になるな〜。部屋に慎吾ちゃんのプロマイドを飾っている友達を誘って行きたいんですがぁ。
企画、プロデュースは、数々のテレビドラマ、アニメのサントラCDを手がけてきた高島幹雄。

広告
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/419413077

この記事へのトラックバック