広告

安倍晋三首相、党両院議員総会で民主党を「烏合(うごう)の衆」だと、批判する発言全文。2014年11月21日


 安倍晋三首相(自民党総裁)は11月21日、国会で開かれた党両院議員総会で、アベノミクスへの批判を強める民主党について「政策を横に置いて数だけを増やそうとしている烏合(うごう)の衆だ」と批判した。安倍首相の発言の全文は次の通り。



 皆さん、いよいよ戦いがスタートいたします。税制は議会制民主主義の基盤であります。その税制に重大な変更を行う以上、国民に信を問う、これは民主主義の王道であります。

 われわれは野党時代、そのことを民主党政権にずっと突き付けてきたのであります。われわれの主張は一貫しております。そして、この総選挙は私たちが皆さんとともに進めてきた、この経済政策をしっかりと前に進めていくべきかどうか、この政策が間違っているのか正しいのか、果たして本当にほかに道があるのか、そのことを選挙戦を通じて、しっかりと訴えていこうじゃありませんか。

 総選挙はまさに政策を競い合う場であります。しかし、民主党は残念ながら政策を横に置いて数だけ増やそうとしている。これでは、まるで烏合の衆であります。かつての混乱を繰り返してはなりません。皆さんが一人でも多く当選することは私たちの成長戦略を、改革を前に進めていくことにつながります。皆さんが一人でも多く当選することは、景気を回復し国民生活を豊かにする道を進んでいくことにつながるんです。

 皆さん、この戦いを全員で勝ち抜いて、この場に戻って、そして日本を世界の真ん中で輝く国にしていく、その責任を果たしていこうではありませんか。私は皆さん全員がこの場に帰って来る、全員が当選するための、その先頭に立っていくことをお誓い申し上げます。皆さんとも勝ち抜きましょう。


「烏合(うごう)の衆」とは、「烏(からす)の集まり」という意味で、ただ寄り集まってガーガー騒ぐ集団の例え。
ケッコウ厳しい表現で、上から目線。
学校の先生が、群がっている生徒たちを叱責するようなもん。
広告